水戸屋珈琲とは

昭和20年以前 創業者である故松崎松之助が戦前から戦中戦後頃まで東京で上島珈琲創業者の故上島忠雄氏と同じ職場(食品関係)で丁稚奉公していた頃より珈琲の魅力に取り憑かれ珈琲販売を夢見ていた

昭和20年頃 戦後間もない頃まだ珈琲文化の浸透していなかった関西地方、大阪に目をつけた故松崎松之助は大阪の京橋で念願の珈琲卸業を創業しはじめる

昭和32年 順調に育ち始めた大阪での珈琲文化、そのより発展のために現住所の都島に珈琲工房を移転し株式会社水戸屋商店を設立する

昭和56年 折りしの喫茶ブームによる事業拡大で珈琲豆の生産がおぼつかなくなり東大阪に珈琲工房のみを移転することになった

昭和58年 珈琲豆の卸だけでなく直接消費者へ良質の珈琲を届けようと、現住所の都島に新しい建物を建て、1Fに直営喫茶店及び小売店をオープンすることになる

平成20年 焙煎された珈琲豆をなるべく早く消費者に提供するために現住所に珈琲工房を戻すことを決意

平成21年 近年発展著しい、ネット販売に参入し水戸屋珈琲の最高の珈琲豆を販売し始める